家計簿アプリZaim・Dr.wallet・レシーピ!のバックアップと口座連携機能の比較

家計管理
この記事は約5分で読めます。

家計簿アプリ「Zaim」、「Dr.wallet」、「レシーピ!」の比較結果のレポート記事です。

今回は「バックアップ」と「口座連携機能」です!

スポンサーリンク

バックアップについて

ZaimとDr.walletはクラウド上に自動的に保存される

「パソコンでのWeb操作」の項目でも触れましたが、ZaimとDr.walletはユーザー登録をして使い始めWeb上の管理画面でも家計簿の操作をすることが可能です。

データがクラウド上に保存されているので、突然スマホが壊れて使えなくなったとしてもデータは無事です。

レシーピ!はバックアップファイルの作成で手動対応

一方、レシーピ!に関してはスマホ内にしかデータがないため、スマホが使えなくなってしまうとデータも消滅してしまいます。
それを防ぐためにバックアップファイルを作成する方法が用意されています。

レシーピ!の設定のメニューの中に「引き継ぎ・バックアップ」の項目があります。

レシーピ!ならではの可愛らしいデザインでバックアップと引き継ぎの手順を分かりやすく説明してくれています。

「バックアップファイルを作成する」ボタンをタップすると、パスワードを入力する画面が表示されバックアップファイルが作成されます。
その後、メーラーを起動する画面になり、バックアップファイルが添付されたメールを送信できるようになります。

定期的にバックアップファイルをメールで送信しパソコンで受信して保存しておくことでデータを失うことを防げます

ZaimとDr.walletもデータの保存期間には注意!

手間を考えると、断然クラウド上に保存されるZaimとDr.walletが便利です。

ただし、ZaimとDr.walletも家計簿サービスを提供している会社がサービスを廃止したり、データの保存期間を制限する可能性があります。

現時点ではZaimは「よくある質問」で以下のように答えています。

履歴の保存期間の制限はあるか

現状はデータの表示保存期間に制限はございませんが、今後表示保存期間が制限される可能性がございます。
そのような場合は、すべてのご利用者にメールなどにより事前に告知させていただき、充分な移行期間を設ける予定です。

出典:Zaimのよくある質問ページ

Dr.walletは「利用規約」で以下のように書いています。

第10条.本サービスの変更、追加、廃止及び中断等

当社は、当社の判断により、利用者に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の全部又は一部を変更、追加、廃止することができるものとします。

出典:Dr.walletの利用規約ページ

サービスを廃止することになったら、さすがに前もってお知らせはしてくれると思いますが、そうなったときはデータをエクスポートできる機能が必要になります。

ZaimとDr.walletのデータエクスポート機能

ZaimはWeb版に「ファイルの入出力」機能が用意されており、記録データをCSVのテキスト形式でダウンロードすることができます。
ただし、無料版の場合は金融機関との連携で取得したデータや振替の情報は出力できないようです。

一方、Dr.walletの無料版ではデータのエクスポートは一切できません。

バックアップに関してはZaimが一番利便性がよく、万が一の場合のデータ保存も可能という結果になります。

比較結果表に戻る

スポンサーリンク

口座連携機能について

レシーピ!は非対応

口座連携機能についてはレシーピ!は対応していません。
一応「口座設定」と「クレジットカード設定」というメニューがあって手動で管理することは可能です。

ZaimとDr.walletは対応しているが2段階認証に要注意!

2020年2月28日にDr.Walletが「口座連携における銀行明細取得サービス内容変更のお知らせ」を発表

2020年2月28日に「Dr.Wallet開発チーム」からDr.Wallet利用者にメールが届きました。

一昨年、銀行法が改正され、銀行口座の参照について新たな規定が設けられ、その法改正に伴い2020年4月末を以て口座自動取得の停止を予定しているとのことです。

クレジットカードやECサイトの連携は引き続き継続するそうです。

ZaimとDr.walletは対応しています。

私は今まで情報漏洩が怖くて、口座連携機能は使っていませんでした。
しかし!比較するためには実際に利用してみないとレポートできません。

口座連携機能は銀行やクレジットカードの管理画面の情報を登録して使う仕組みです。
振込やクレジットカード払いするためのパスワードは別のもので、そのパスワードは情報漏洩する可能性はないと言えます。
そう考えるとそこまでリスクは高くないのかなと思い試してみました!

私が利用している銀行口座とクレジットカードを1つずつ登録してみました。

が!私が登録したのはどちらも管理画面にログインするために2段階認証を採用している銀行・会社でした( ゚Д゚)

2段階認証のある連携先の場合は自動でデータを取得することはできないようです(-_-;)
一応情報を取得しようとするのですが、そのたびに「認証が別途必要です」とエラーが表示され、その都度手動で認証する必要があります。
これじゃあ手間がかかって仕方ない・・・。
使い物にならないと判断して口座連携機能を使うのを諦めました。

ゆみ

てか、最近はどこのサイトも2段階認証を採用してないですか?!

2段階認証せずに情報を取得できる家計簿アプリがあるのだろうか?
また1つ調査するネタができました(笑)

比較結果表に戻る

スポンサーリンク

さいごに

以上でZaim・Dr.wallet・レシーピ!の比較記事は終わりとなります。

比較してみた結果、一番優秀な家計簿アプリはZaimだと私は思いました!
Dr.walletを愛用しておりましたが、Zaimへの乗り換えを検討したいと思います(;´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました