【おすすめ】レトルトおでんは丸善がうまい!具材を足して家族でも

快適ライフ
この記事は約9分で読めます。
ゆみ
ゆみ

こんにちは!少し暑さが和らいできましたね。
今回はちょっと早いですが、これから食べたくなるおでんの特集です!
ズボラ主婦ならではの簡単おでん作りもご紹介します。

昨年は8月初旬から発売され始めたコンビニおでんですが、今年は猛暑が長かったせいかまだのようですね。

でも、そろそろ冷たい食べ物にも飽きてきた頃じゃないでしょうか?!

という訳で、今回はズボラ主婦が選ぶ絶品レトルトおでんをご紹介します!

レトルトおでんは美味しくない?

色々なレトルトおでんの商品が売っていますが、商品によってかなりおでんつゆの味わいが異なります。

具の大きさや品質もそれぞれ。

私はこのおすすめレトルトおでんに出会うまで、レトルトおでんはそんなに美味しくないと思っていました。

丸善のレトルトおでんは他と違う!

私がおすすめしたいのが「丸善」のレトルトおでん。

チーズ入りかまぼこの元祖「チーかま」などの看板商品を持つ食品メーカー「丸善」が販売するレトルトおでんがとにかくうまいんです!!

味のラインナップとしては4種類。
温かいおでんが3商品と期間限定の冷製おでんが1つです。

今回はこれからの時期に食べたい温かいおでんに限定してご紹介します。

3商品の共通点

価格は756円(税込)でレトルトおでんとしてはお高めですが、具材は大きめでそれぞれ2個ずつ入っているので2人分として考えるとありかなと思います。

賞味期限は常温で120日もちます。
非常食として常備しておくのもよさそうです。

野菜と練り物が別々の袋に包装されていて、その2つを鍋に一緒に入れて煮立てていただきます。

別鍋仕込おでん

こちらは玉子、大根、昆布、こんにゃく、ちくわ、ウィンナー巻、鶏つくねがそれぞれ2個ずつ入っており、2人で食べるのにちょうどいい量。

なんといっても、味が美味しい(*´ω`)

食べる直前に添付の鰹だしを鍋に入れていただきます。

海鮮炊きおでん

「別鍋仕込おでん」と違うのは魚介のスープから仕上げられた鍋つゆと具材も鱈の角揚げ、たこの団子、鯵のつみれ、玉子、大根、昆布、こんにゃくと練り物が海鮮系のものになっているところ。

〆は鍋つゆを白ご飯にかけてだし茶漬けにできちゃいます♪

鶏鍋おでん

鶏がらだしで煮込まれた具材はちくわ、ごぼう巻、鶏つくね、玉子、大根、昆布、こんにゃくの7種各2個ずつと手羽元が1本入っています。

こちらは〆に鶏がらだしの雑炊が楽しめるから2度美味しい!

大勢でいただくなら具材を追加して

丸善のレトルトおでんはだし汁がたっぷり入っているので、具材を追加して煮ることも可能!

我が家の場合は家族5人。
2袋を買って、下茹でした大根と牛すじ肉、白滝、練り物数種類をだし汁だけを入れた鍋で10分ほど煮ます。

その後、レトルトおでんの具材を加えて説明通りに煮て出来上がり!

おでん屋さんに負けないくらい美味しいおでんが簡単にできちゃいます。

本格的に一から作りたい方にはこちら

レトルトおでんは利用せず、だし汁から作りたい方におすすめなのがこちら!

茅乃舎のだしで作ったおでんは相当うまいです!!

今まで何度か手作りおでんに挑戦して、なかなかだしの味が決まらないな~と試行錯誤していました。

そんなときに関東に住む義母からお土産にもらった茅乃舎のだし。

おでんを作る時に使ったら虜になってしまいました。

おでんの美味しさはほぼだしの味で決まると言っていいほど重要だと思い知りました。

焼あごと真昆布、鰹節などを粉末にした「茅乃舎だし」。
こんな複雑で本格的なだしを自分でとろうと思ったら相当大変ですよね。

本家サイトでも販売していて、Amazonよりも商品の値段は安いのですが送料が高い・・・(T_T)

総合的に考えてAmazonで買うのがおすすめです。

さいごに

レトルトおでんとしておすすめな「丸善」の3商品と絶品だしの「茅乃舎だし」をご紹介しました。

今年は冬も新型コロナウイルスの影響でステイホーム生活になりそうですね。

おうちで楽しめるおでん、是非試してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました