大型ビニールプールで夏を乗り切れ!我が家の使用例と大型ならではの注意点をご紹介

快適ライフ

8月から毎日暑い日が続きますね。
これだけ暑いと外遊びも遊具が高熱になっていたり、熱中症の危険もあったり難しくなります。
更に今年は新型コロナウイルスの感染拡大があるので、公共の場で遊ぶのを控えたいところです。

そんな時に大活躍するのがおうちで楽しめるビニールプール!
場所をとらない小さめのビニールプールや滑り台が付いたものなど・・・色んな種類が出ていますが、断然おすすめなのが「大型ビニールプール」です!!

2年前の夏に買って以来、毎年のように庭に広げて子どもたちが楽しんでいます。
勿論大きいので大人も一緒に入れます!

この記事では我が家の使用例と大型ならでは注意点をご紹介します(*´ω`)

スポンサーリンク

我が家が利用しているのはINTEXのファミリープール

こちらがプール中の風景です。
かぼちゃん9歳、ぶっくん6歳、とまちゃん3歳の子ども3人が入ってもこのくらいの余裕があります。

購入したのはこちら。

こんなに大きなプールが5千円前後で手に入るってすごくないですか?!
親の立場としても公共のプールに連れていかなくてもいいのはすごく楽です(*‘∀‘)

スポンサーリンク

大型ビニールプールだからこその注意点

空気を入れるのは手動じゃ無理!

購入して初めてプールをすることになった日、我が家は無謀にも手動の空気入れ(足でシュポシュポするやつ)を使って挑みました。
1時間ほどして「これは無理だ・・・」とようやく気付きましたw

ゆみ

もっと早く気付けよ!とツッコミたくなりますねw

近くのメガドンキへ行き、電動エアーポンプを買ってまいりました。

ものの数分で空気入れが完了!!
文明の利器恐るべし( ゚Д゚)

水を溜めるのに時間がかかる・・・でも水道代はこのくらい!

これは皆さん想定内だと思いますが、こんだけ大きいと水を溜めるのにも時間がかかります。

我が家の場合、半分くらいの所まで入れるのに1時間半くらいかな?
「プールしたい!」と言われてすぐにはできないのでご注意を!

そうなると気になるのが水道代ですよね。
製品の仕様には水量目安は「高さ37cmまで入れて999L必要」と書いています。
1000L=1㎥なので、1回につき1㎥の水が必要だとすると、水道料金表を見てみると・・・

「1㎥につき93円(1~35㎥までの従量料金)」

更に下水道使用料金表から下水道使用料は

「1㎥につき75円(従量料金)」

合計しても168円!!
そう!予想以上安いんです!!

お住まいの地域によって上下水道代に変動はあると思いますが、一度計算してみてください。

それでももったいないと思う方には家庭用プールの消毒剤も売っています。

連日プールをする場合はこういうものを利用するとエコ&節約になりそうですね。

水を抜くのにも一工夫がいります

平らな面に設置していると自重があるので栓を抜いても水がチョロチョロとしか流れない( ゚Д゚)

そんな時に我が家が活用しているのがこれ!

砂場で使う玩具の中にあったザルみたいなやつ。
これをこのように栓の下部に入れ込みます。

これでかなり流れがよくなります!
と言っても、流れきるまでに1時間半くらいはかかります(;´∀`)
そして、最後の最後に真ん中に残った水はプールを傾けたり立てたりしないと流れません・・・
力のない私には一仕事でしたが、3年目にしてようやくコツを掴み、簡単に流しきることができるようになりました♪

他の利用者で「空気を抜くことで水を一気に流せる」というすご技を使っている方もいました!
水はけの良いお庭ならそういう方法もありですね!

スポンサーリンク

さいごに

大型ビニールプール、いかがだったでしょうか?!

注意点はあるもののプール自体がお手頃だし、水道代もそんなに高くはないので試しに買ってみるのはありだと思いますよ~(*´ω`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました